ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年10月19日 コカ・コーラ工場が操業開始

 2012年11月29日に、タイのコカ・コーラボトラーThaiNamthipとラオスのPT Sole Co.,Ltd.が、合弁会社Lao Coca-Cola Bottling Co.,Ltd.を設立してから3年を経た本年8月31日、ビエンチャン県サイタニー郡で、コカ・コーラボトリング工場の開所式が開催された。本社コカ・コーラカンパニーからマター・ケント会長兼CEOが出席、ASEAN最後の一国への進出によりコカ・コーラの戦略は完結すると述べた。同工場ではコカ・コーラに加え、ファンタやスプライトなどの清涼炭酸飲料をラオス国内向けに生産する。資本金は3000万ドル、工場ならびに3カ所の配送センターを建設する。
 「一帯一路(シルクロード)構想」のもとで、中国・ラオス間の高速鉄道建設に関するMOUが結ばれたのが2010年であった。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込