ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年02月06日 顧問銃撃、報道の統制も

 白昼堂々放たれた凶弾が、ミャンマー社会に大きな波紋を投げかけている。1月29日の午後5時頃、まだ真新しいヤンゴン国際空港のターミナル1の前で、与党NLDの法律顧問であったウー・コーニー氏が銃撃されて死亡した。タクシー待ちをしていたところに男が近寄り、至近距離から発砲したという。犯人は現場から逃走をはかったが、駆け付けた警官隊などによって捕えられた。しかし、この際に犯人を取り押さえようとしたタクシードライバー、ウー・ネーウィン氏も撃たれて死亡した。

不明確な背景

 ウー・コーニー氏は法律の専門家として、国軍が主導して制定した現行憲法への異議を主張していた。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込