ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年04月03日 橋の命名をめぐりモン州でデモ

 地域発展への期待を背負い、モン州で大型橋梁の建設工事が大詰めを迎えている。しかし、完成を目前にして思わぬ問題が浮上し、事態は紛糾している。橋の名前を、誰がどのように決定するのか、という問題だ。独立闘争の指導者アウンサンの名前を採用する連邦下院の決定に対し、地元住民が反発している。
橋の命名問題は、中央政府と州政府、ビルマ族と少数民族との間で、自治権をめぐるせめぎ合いが続いていることを浮き彫りにした。

タンルウィン大橋の建設

 問題となっている橋は、タンルウィン橋(チャウンゾン)という計画名で、2015年に建設が始まった。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込