ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年04月17日 新車製造の拡大に向かう自動車業界

 2011年の輸入解禁以来、膨大な数の中古車が、ミャンマーに流入した。ミャンマーの税務当局の統計によると、2011年9月から今年2月までの間に、58万9544台が車両登録を行ったという。この間、ホンダ・フィットやトヨタ・ヴィッツなどのコンパクトカーが1500万チャット(約150万円)前後で流通し、自動車を購入できる層が一気に拡大した。
 しかし、このような状況は、今年に入り終息に向かおうとしている。2つの重大な政策変更がなされたためだ。1つは、1月から発効となった新たな自動車輸入規制だ。新規制下では、輸入できる車両が大幅に絞られた。フリーパーミット輸入の場合、製造年が2015年以降の車両で、左ハンドルに限定された。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込