ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年12月18日 世界遺産登録へ大詰めのバガン

 ミャンマーを代表する観光地であるバガンでは、ユネスコの世界遺産への登録を目指し、数年前から国を挙げた努力が続けられている。2016年の大地震という不測の事態を乗り越え、間もなく最終版の申請書が提出される予定だ。世界遺産に認定されれば、観光業の一層のブームが予期されるが、遺産の管理の面でも、観光開発の面でも、重要となるのは地元住民の参画だ。
 2019年の世界遺産委員会における認定を目指す。この目標は、2016年の大地震以前から変わらず守られている。現地紙の報道によると、申請書の第一次原案は今年9月にユネスコに提出されたという。ここではバガンの歴史的遺産としての価値が中心に

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込