ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年10月03日 ホテル供給増加で価格は低下傾向

 ミャンマーのホテルは、他の新興国と比較すると宿泊代が高いという印象が否めない。こうした背景には、やはり長年続いた軍事政権下での閉鎖的な経済政策が影響している。軍事政権下では海外との国交が限られていたため、ミャンマーを訪れるビジネスマンや観光客は、かなり少なかった。しかし、2011年からの民主化の動きの中で、海外との接点が増加して、急激に海外からの人が訪れることになった。そこで困ったのが宿泊するための場所である。そもそもホテルがあまり存在しないことに加え、外国人が宿泊できるホテルが限られていたため、ホテル代は高騰。さらに、状況によっては、ホテルの客室の空きがなく、ミャンマーへの訪問を断念せざるを得ないというケースも多々あった。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込