【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年08月31日 ASEANの牽引役、タイのビジネス環境と今後の展望

 タイは日系企業にとって非常に進出がしやすい国といわれています。大きな要因としては、1.人件費と労働生産性のバランスで総合的なコストを抑えることができる、2.製造業のサプライヤーの層が厚く、タイ国内調達がしやすい環境がある、3.既に日系企業の進出が多く、日系企業向けサービス、日本語サービスが充実している、といった点が挙げられるかと思います。

 タイの人件費はASEANではシンガポール、マレーシアに次いで3番目に高い水準にあります(JETRO 「投資コスト比較」参照)。一方で労働生産性はインドネシアの約1.6倍、ベトナムの約2.6倍と高く、作業者の習熟度も高くなっています(日本生産性本部 「労働生産性の国際比較」参照)。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込