【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年10月26日 ベトナムの最新投資環境

 投資先としてのベトナムのメリットは、「経済の成長性」「安価な労働力」です。現在ベトナムの人口は、約9,250万人となり、平均年齢は28歳、毎年100万人単位で増えていることから、消費市場としての成長が期待されます。最低賃金は、都市部近郊では約140USD/月であり、ASEAN諸国の中でも低い水準であるといえます。よって、労働集約型の企業は、人件費を抑えることができるというメリットを享受することができます。

 一方でデメリットとしては、「低い現地調達率」「人件費の高騰」です。ベトナムは地場の産業が育っておらず、日本の製造業が進出したとしても、日本若しくは中国から材料の調達をしなければならないことが多く、費用がかかります。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込