【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年12月21日 タイ労働市場の特徴と労務管理の留意点

 タイは労働市場や労働法に特徴があり、進出後に日系企業が悩むテーマの1つでもあります。労働市場の特徴として、以下の3つが代表的と考えられます。◇ジョブホッピングが多い◇失業率が低い◇履歴書の虚偽が多い――。

 タイではジョブホッピングが一般的であり、新卒であっても入社してすぐに転職をすることが多くあります。中には、給与などの待遇を向上させるために、ジョブホッピングを繰り返す求職者もみられます。そのような労働市場で採用活動をしなければならないため、能力と照らして高い給与を払っていないかを試用期間(通常タイでは119日が多い)に見極めることが重要になります。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込