【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年06月15日 カンボジア、VAT非課税の対象について

 カンボジアの経済財務省は大臣令(Prakas 559)を発行し、2017年の財務管理法(LoFM: Law on Financial Management)により制定されたVAT非課税の対象一覧に、詳しい定義や説明を加えました。また、この大臣令ではVAT非課税の対象となるプライマリーファイナンスサービス(PFS : Primary Finance Service)に関しても詳しく説明が加えられています。今回は、その点についてTCFからご説明差し上げたいと思います。

【基本的なVATの構造について】

 VATは付加価値税と呼ばれ、日本の消費税と似ている性質をもつ税金となります。税率は10%であり、事業者は商品やサービスを提供する際に追加で10%のVATを徴収し、翌月の月次申告の際に徴収した税額を納めなければなりません。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込