【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年08月28日 マレーシア、雇用契約とサービス契約の違い

 今回の判例では、Contract of service とContract for service という二つの種類の契約書が論点となります。前者は、従業員と雇用主間で結ばれる契約(雇用契約)を指し、後者は、一方がサービスの供給者でもう一方が顧客となり結ばれる契約(サービスの契約)を指します。会社側は”Contract for service”を結んでいたつもりでも、従業員側は”Contract of service”を結んでいたと認識している場合、裁判所はどこに注目して判断するのでしょうか。今回の判例と共に見ていきます。

<概要>
G 氏は、2008 年から物流企業である D 社のCustomer Service 部門の部門長として勤めていた。D 社は外資企業との合併があり、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込