【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2013年11月28日 CPF、国際事業で巻き返しへ

 タイの食品加工大手CPフーズは、2014年の売上高は15%増になるとの見通しを明らかにした。2012年暮れから流行したエビの早期死亡症候群(EMS)による被害から回復するほか、大豆やトウモロコシの価格も安定する見通しで利益に貢献する。今年の売上高は主力製品の1つであるエビの生産量低下を背景に、目標の15%増には遥かに及ばず、収益は前年比10%増の3570億バーツの見通しとなっている。また収益に占める輸出割合は7~8%、国内販売は前年比30%増をそれぞれ見込んでい

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込