【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年06月12日 タイ+1、雇用流出などで地方が疲弊

 生産工程の一部を近隣国に移管する企業戦略「タイ・プラス1」の進展で、タイの地方部が疲弊する可能性があると指摘されている。同国ではタクシン派と反タクシン派の対立に象徴されるように地域格差の問題は根深いが、この問題も「タイ・プラス1」によってさらに深刻化する恐れもあるという。

 ニッセイ基礎研究所の斉藤誠氏によると、2015年末のASEAN経済共同体(AEC)の創設を控え、域内では東西経済回廊など国際物流インフラの利便性が向上しつつあり、労働集約的な工程を扱う生産拠点はラオスやカンボジアに移管する動きが始まっている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込