【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年06月13日 ミャンマー、強まるイスラムへの圧力

 ミャンマーは人口のおよそ9割が仏教徒だとされている。そのために「平和な仏教国」とのイメージが強いが、現地では仏教徒による他教徒への圧迫が目立ち始めている。ここ2年間でおよそ250人が反イスラム運動に伴う暴力事件で死亡したとされており、直近でも今月7日から数日に渡り、通信事業ライセンスを獲得した外資系2社の1つであるカタールの通信会社オーレードーに対するボイコット運動が過激派仏教徒団体「人種宗教保護協会」(通称マー・バー・ター)によって実行された。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込