【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年08月22日 アセアンでも独禁法に注意

 先般、中国当局は自動車部品メーカー12社に対して独占禁止法違反で制裁金総額12億3540万元を命じたが、このように近年、独禁法や競争法、贈収賄規制法による摘発例がアジア各国で増加しており、現地法人はコンプライアンスに関して注意を払う必要が出ている。

 ASEANでは、来年末のASEAN経済共同体(AEC)設立に合わせて多くの分野で共同作業が進められているが、競争政策もその一分野だ。競争政策とは「企業間の公平な競争を確保するための政策」であり、その違反や摘発の最たる例が談合やカルテル。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込