【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年10月31日 インフラ投資、次期G20が今後を占う

 今回、韓国と豪州が加盟を見送った事で懸念は一旦杞憂に終わったアジアインフラ投資銀行(AIIB)だが、今後、その焦点となるのが11月に開催されるG20だとみられる。

 現在、ウクライナ問題からG8はワークしておらず、世界経済の協議の場としてG20に注目が高まっている状況。ただG20は、米国の金融緩和停止をめぐる資本逃避の問題から、フラジャイル5の各国(ブラジル、インド、インドネシア、トルコ、南アフリカ)が対立するという複雑な状況もある。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込