【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年11月05日 カンボジア、M&A型の企業進出増加

 カンボジアで現地企業の合併・買収(M&A)による進出事例が増えつつある。これまで労働集約型産業の生産移管や小売・飲食といった市場参入は全額出資が中心だったが、進出形態は次第に多様化しつつある。


三井住友銀などが出資

 金融業界を中心に、2013年から案件が目立ち始めた。直近では三井住友銀行が、最大手銀行のアクレダ銀行の株式12.25%を取得することで中央銀行から許認可を取得。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込