【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年04月21日 新興工業がインドネシアで自動車部品生産へ

 【輸送用機器】自動車の駆動系部品を製造する新興工業(岡山県総社市)が、インドネシアで生産準備に入った。日本などでは三菱自動車工業を主要取引先としており、同社を中心に製品を供給していくものとみられる。

 西ジャワ州カラワン県のカラワン工業団地(KIIC)で、自動車のプロペラシャフトやトランスミッションなどを生産する計画。現地法人は2014年9月に資本金250万米ドルで設立済みで、現在は工場をレンタルして、生産に向けて設備などを準備中。2016年に入ってから製品の試作に入る見通しだ。操業に向けてはこのほど、商工中金から運転資金5000万円の融資を受けた。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込