【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年08月28日 ダイハツ、二つの市場で新エンジン生産

 【輸送用機器】ダイハツ工業(7262)が、重点市場としているインドネシアとマレーシアで次世代エンジンを相次いで投入する。両国では日本の軽自動車「ミライース」をベースにそれぞれの小型乗用車を開発、販売するなどしてきたが、エンジンでも相乗効果を発揮して競争力強化を図る。

 東南アジア向け次世代エンジンとして、排気量1.3リットルの「1NR-VE」と1.5リットルの「2NR-VE」の2種類を開発した。新型エンジンはインドネシアで先般発表した「セニア」のほか、トヨタ自動車ブランドの「アバンザ」に搭載する。現地調達部品の採用拡大などにより大幅な低コスト化に成功し、現地調達率は99%に達した。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込