【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年09月09日 越の工業団地、中国リスクで進出相談多く

 ベトナム北部フンイエン省にある第2タンロン工業団地で、中国リスクによる進出相談が多くなっているもようだ。「中小企業を含めてこれまでに相談が多く寄せられ、実際にそうした理由で入居した企業は少なくない」(運営母体の住友商事)という。中国での人件費高騰や外資への締め付けなどがきつくなり、リスク分散への意識は以前にも増して高まっているもよう。第2タンロンへの進出事例では、中国の生産を完全に移管してしまうケースと、中国での生産は続けながらリスク分散として新拠点を設けるケースの、両方がみられるという。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込