【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年11月12日 タイ小売業の業績、地方出店で差

 これまでに発表されたタイ小売大手の第3四半期(7~9月)決算で、観光客減少や景気低迷の影響を受け続けた企業と、悪影響を受けにくい地方出店を強化した企業で差が出ていることがわかった。

 小売大手ビッグCが5日に発表した第3四半期売上高は、前年同期比4.6%減の316億9200万バーツで、純利益は同14.5%減の13億4256万バーツだった。同社は減収減益の理由について、民間消費の低迷や家計負債の高止まり、国際経済の回復遅れを背景とした国内景気の低迷に加え、エラワン廟爆破事件による観光客数減少によって、収益に占める割合が高いバンコク首都圏の売上低迷が影響したと説明している。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込