【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年11月25日 AECはインドネシア主導で統合進展

 市場開放に最も保守的なインドネシアが、ポストAEC(ASEAN経済共同体)の自由化・統合進展を主導するとの見方がされてきた。

前週末の第27回ASEAN首脳会議ではAEC発足宣言とともに、年末までに達成できなかった分野を2025年までを目標として新たにまとめた工程表「AECブループリント2025」が採択された。新たな工程表では、サービスセクターの自由化や非関税障壁の撤廃、規格・基準の標準化といったAEC発足までに達成でなかった分野に加え、中小企業の競争力向上、情報・市場公開、金融・人的資本の開発、イノベーション・デジタル化の普及などが新たに盛り込まれている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込