【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年03月24日 ミャンマー、最低賃金法で新たなトラブル

 ミャンマーの最低賃金法をめぐり、新たなトラブルが発生している。SAGA国際法律事務所の堤雄史・代表弁護士がこのほど、金融ファクシミリ新聞社での講演で説明した。


長年勤務もいったん解雇し再雇用

 最低賃金法は2013年6月に成立して、15年8月に、1日8時間労働で3600チャットと金額が確定。企業は基本的にこの水準を上回ることが求められるようになった。ただ、この金額は基本給に対し適用されるもの。このため、従来、基本給を低く抑えて手当てを厚くしていた企業の中には、最低賃金の基準に従う一方で手当ては抑制するようになり、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込