【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年04月01日 東南アジアで日系企業による住宅建設進む

 日本の不動産・建設業による東南アジア事業が本格化している。パナホーム(1924)は今週、マレーシアで開発を進めている戸建住宅500戸とマンション300戸の販売を4月中旬に開始すると発表。人口規模と経済成長を背景とした中間所得者層の増加を好機とみて、ここ2~3年の間で日系企業の進出が加速している。

 三菱地所グループ(8802)は14年頃から参入を開始し、シンガポール(マンション2件)、ベトナム(同3件)、タイ(同4件)、マレーシア(同1件)で事業を展開しているほか、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込