【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年04月14日 ティラワへの進出企業70社に

 ミャンマーで開発中のティラワ経済特区(SEZ)への進出企業が拡大中だ。先行開発区域「ゾーンA」で土地サブリース契約を締結したのは、4月3日までで49社あり、土地予約契約を締結した21社を合わせると70社の進出が決まったことになる。日本貿易振興機構(JETRO)が13日、明らかにした。

 進出企業は2015年12月2日時点の52社からは18社の増加。70社のうち日系企業は、36社と過半を占めている。また、「ゾーンA」は第1期と第2期にわけて開発しているが、敷地面積246ヘクタールの第1期はほぼ完売。150ヘクタールの第2期は、2016年にさらに9ヘクタール拡張する計画という。これにより「ゾーンA」の面積は合計405ヘクタールに、このうち土地サブリース締結済みの面積は239ヘクタールとなった。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込