【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年05月12日 車各社、タイで研究・開発の現地化を加速

 【輸送用機器】日本の自動車メーカー各社が、タイで研究・開発の現地化を加速させている。

 ホンダ(7267)はきょう12日、プラチンブリ県に新設した生産拠点のオープンセレモニーを開催する。タイではアユタヤ工場に続く第2の生産拠点となるもので、セル生産方式とライン生産方式を融合させた世界初の組立用ラインを導入した。新ラインは作業効率を約10%改善するとともに、ラインの特徴をいかした熟練工の育成が可能。これにより、将来は開発現場へ生産現場の意見を反映して、新たなクルマづくりにいかすことを意図している。
 同じくプラチンブリ県ではテストコースを建設中で、2017年に稼働開始する。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込