【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年05月27日 アジアでの建設受注が30%減

 【建設業】日本の建設業界が、アジアでの受注を減少させている。主要建設会社50社が加盟する海外建設協会(OCAJI)によると、2015年度の会員企業のアジア受注実績は8613億5300万円と前年度比29.9%のマイナス。世界全体での受注額に占めるアジアの割合は、前年の67.7%から51.2%まで縮小した。

 アジアで受注額が大きかったのはシンガポール1516億円(全体で2位、前年度4996億円)、タイ1449億円(同3位、1395億円)、ベトナム1111億円(同4位986億円)、インドネシア887億円(同6位、943億円)など。例年トップ10に入っていた中国と台湾が圏外にはずれたほか、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込