【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年06月07日 シンガポール、従業員の高齢化が問題に

 シンガポールの日系企業で、従業員の高齢化にともなう問題が目立ち始めている。同国には進出して30年以上たつ企業も少なくないが、定年退職する従業員に代わる新たな人材確保が難しかったり、業務引き継ぎにトラブルを抱える企業が増加しているもよう。パソナシンガポールの森村美咲氏がこのほど、指摘した。

 在星の日系企業の従業員平均年齢は、業種・業態やエリアによって様々で、20~30歳代といった企業もある一方で、特に製造業では40歳代後半から50歳代といった企業がかなり増えてきたという。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込