【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年06月09日 東南アの成長性、商品価格がポイントに

 国際商品価格が、今後の東南アジア各国の成長性のポイントとなる見通しだ。世界銀行が7日発表した世界経済に関する報告書によると、東アジア・太平洋地域の2016年の経済成長率は6.3%で、17年は6.2%、18年は6.1%となる見込み。一方で、中国を除いた域内の成長率は16年に4.8%、17年に4.9%、18年に5.2%と上向くと予想され、主に東南アジア各国がけん引役となる。

 今後の見通しについて世銀報告書では、商品輸出国と商品輸入国に分けて説明。輸出国ではマレーシアが、弱含む商品価格の影響を受けるとしたほか、資源セクターからの歳入減少で公共投資が削減されると指摘。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込