【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年06月17日 三菱商など運営、マンダレー空港に高評価

 【卸売業】三菱商事(8058)やJALUX(2729)などが運営するミャンマーのマンダレー国際空港が、利用客から高い評価を受けている。空港は、地場ヨマ・デベロップメント・グループを加えた3社コンソーシアムが、2015年4月に運営事業をスタート。ミャンマー航空局から事業移管されて以降、日本人ビネスマンや旅行客などから利便性や快適性が高まったとの声が上がっている。

 三菱商事によると、運営会社のMC-Jaluxエアポートサービシズ(MJAS)は事業開始後、主に空港設備の改修に取り組んできた。それまで使用されていなかったボーディングブリッジを稼働可能にしたほか、フライト情報画面や荷物受取用のベルトコンベア、空調設備、エスカレーター・エレベーターなどを

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込