【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年06月23日 地方企業、ハラール市場進出には依然慎重

 成長性が高いとされる東南アジアのハラール市場だが、日本の地方企業による進出は依然少数にとどまっているもようだ。国内ではムスリムの居住者や訪日旅行客向けの取り組みが広がりつつある一方で、現地市場へ関連投資を行ったり、日本から輸出するといった動きには至っていない。

 日本貿易振興機構(JETRO)がこれまでに発表したリポート「主要国におけるハラール関連制度・市場動向」によると、東南アジアに進出してハラール認証を取得した日系企業は少数で、その大部分が大手企業。マレーシアでは味の素やキユーピー、大正製薬、林兼産業、ポッカサッポロフード&ビバレッジ、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込