【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年09月09日 タイ首都圏、マンション開発に選別の動き

 タイ首都圏の都市鉄道沿線で、マンション開発がより選択的になっていく見通しだ。都市鉄道は、既存路線の延伸や新線の開発など複数の事業が目白押し。それを追うようにマンション開発も活発だが、路線ごとに利用者数や利便性に格差がみられ、デベロッパーもその立地などをより慎重に見極めつつあるもよう。不動産サービスのCBリチャードエリス(CBRE)タイランドが最新のリポートで指摘した。


「ミッシングリンク」で不便に

 8月6日に開業したばかりのパープルライン(クロンバンパイ駅~タオプーン駅、約23キロメートル)沿線も、ここ3年間はマンション開発が活発で、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込