【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年10月13日 ベトナムの輸入車割合は横ばい

 新車販売の好調なベトナムで、輸入車の割合は依然横ばいで推移している。
 同国では東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)の枠組みにより、輸入完成車に対する関税率が段階的に引き下げられ、2018年には完全撤廃される見通し。これに対して、「国内販売は早晩、輸入車にとって代わられ、自動車産業の生き残りは困難」との見方が多い。また、すでに市場は輸入車に「浸食」されつつあるとのメディア報道さえあるが、現状では国内生産も輸入車と同様の伸びを示しており、市場シェアでは依然として持ちこたえているかたち。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込