【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年10月25日 インドネシア、TPPへの参加は困難か

 インドネシアの環太平洋パートナーシップ(TPP)協定への参加は困難との見方がされている。同国ではジョコ・ウィドド大統領がTPPへの参加表明を行ったほか、直近でもハルタルト産業相がTPPによる日本企業の投資拡大を訴えたり、貿易省高官がその貿易効果を試算し発表するなど、前向きな姿勢が伝えられる。一方で、同国は保護貿易の局面にあることから、自由化の大きな痛みをともなうTPPに参加するのは考えづらいとされる。
 TPPには手を挙げたものの、実際の参加は絶対にないだろうというのが、多くの専門家の見方という。同国の産業・貿易構造は

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込