【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年11月02日 タイの日系飲食、565店進出し208店退出

 タイで日系飲食店の競争がさらに激しくなっているもようだ。
 日本食レストラン海外普及推進機構(JRO)が実施した「タイにおける日本食市場動向調査結果2016」によると、同国では2016年6月までの過去1年に、新規開店が565店、閉店や撤退が208店あった。3店が進出して1店あまりが撤退している勘定になる。特にバンコク首都圏では、新規開店323店に対して閉店・撤退は138店と、進出に対する撤退の割合は43%に高まる。日系飲食店全体では2721店あり、前年の2364店からは15%増と2ケタの伸び。活発な市場参入が行われている一方で、競合店の増加による淘汰(とうた)も進んでいることがうかがえる。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込