【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年12月22日 自動車の成長2市場は売れ筋に違い

 東南アジアの自動車市場で成長著しいベトナムとフィリピン。1~11月の販売台数伸び率は前年比2ケタ増、すでに通年の過去最高記録を更新しているが、販売車種にはそれぞれ特徴があるようだ。

比ではMPVとSUV

 フィリピンでは多目的車(MPV)やスポーツ多目的車(SUV)が市場をけん引している。同国の自動車工業会(CAMPI)とトラック製造者協会(TMA)がまとめた11月の販売台数は、3万2966台で前年同月比22.2%の増加。このうち商用車に含まれるMPV(フィリピンではアジア・ユーティリティ・ビークル〈AUV〉と表記)が6449台、SUVが1万2905台と多数を占め、伸び率もそれぞれ28%増、24.8%増と全体の伸びを上回っている。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込