【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年12月27日 ティラワへのボトルネック解消へ、バゴー橋に円借款

 ミャンマーのヤンゴン中心部とティラワ経済特区(SEZ)を結ぶ「バゴー橋」が建設される。両区間にはバゴー川が流れ、既存のタンリン橋が存在するが、増加する交通量に対応が困難になりつつある。SEZや周辺地域の開発のボトルネックと言われており、新たな橋の建設により状況の改善が期待される。
 日本が有償資金援助を行うことでこのほど、樋口建史駐ミャンマー大使とマウン・マウン・ウィン計画・財務副大臣がネーピードーで書簡を交換した。すでに安倍晋三首相からアウンサンスーチー国家最高顧問に対して供与が表明されていたもので、借款は最大310億5100万円。調達条件は一般アンタイドとなっている。タンリン橋の下流側の隣に、長さ3600メートルの橋を建設する予定。2017年春頃に詳細設計が完了する見通し。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込