【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年01月17日 海外事業は様子見継続

 反TPP、保護貿易主義といったトランプ米次期政権が掲げている通商政策に対し、日本当局・日系企業が様子見姿勢を強めている。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、自動車業界を中心にメキシコや東南アジア事業に関する問い合わせが増加しているという。ただ、「米国の具体的な政策方針が見えてこないため、国としての支援や方針が定まってこない」として、足踏みしている状況にあるという。とりわけ東南アジア事業についてはTPP発効を前提に進出を検討していた企業も多く、まだTPPがなくなったわけではないとして、参加国であるベトナムやマレーシアへの進出計画を取り止めていない企業も依然多い。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込