【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年02月21日 三菱自、比で優遇対象車を生産開始

 【輸送用機器】三菱自動車(7211)がフィリピンで小型セダン「アトラージュ」の生産を開始した。同国政府は2016年に「包括的自動車産業振興戦略(CARS)」導入しており、このたび生産するモデルはCARSの支援を受けた案件として初めてのケースとなる。

 ラグーナ州サンタローザ市の工場で生産を始めた。従来はタイから輸入・販売してきたが、現地生産で対応する。同車種の「ミラージュ」も、5月から生産を開始する計画。工場の年産能力は5万台で、これによりフィリピン現地生産は多目的車(MPV)「アドベンチャー」とワンボックス型の商用車「L300」をあわせた4モデルとなる。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込