【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年04月04日 ラオス、金融業が経済の柱の1つに

 ラオスで金融業が活性化している。これまでに地場系のほかタイや韓国、フランス系などの銀行や支店が相次いで設立され、法人向けだけでなく個人向けの市場も開拓中。金融業は、電源開発や資源開発、輸送インフラ整備、不動産と並んで、ラオス経済のけん引役になったとされる。
 「タイの主要銀行のほとんどが支店を開設したほか、ニッチな市場を狙って、各国の大手以外の銀行の進出も目立つ。中国やベトナムからは軍関係の金融機関が参入した」(現地法律事務所)。こうした銀行が、現地のメガプロジェクトへの融資を開始したり、リテール事業を強化し始めているという。
 消費者向けサービスでは、自動車や携帯電話、農機具、二輪車などの購入を対象とした事業が活発で、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込