ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年04月21日 ミャンマー、縫製品の米国向け輸出に期待

 ミャンマーで、縫製品の米国向け輸出が急拡大すると期待されている。米国は2016年10月、ミャンマーに対する経済制裁を解除。27年ぶりに途上国向けの一般特恵関税制度(GSP)の対象としたこともあり、現地では輸出への機運が高まっているもよう。

 縫製品輸出はかつて、米国が最大の仕向け先だった。日本貿易振興機構(JETRO)ヤンゴン事務所によると、制裁が始まる前、2000年のミャンマーからの米国向け縫製品輸出額は4億354億米ドルで、欧州連合(EU)向けの2億7784万米ドルを上回りトップ。日本の457万米ドルやシンガポールの2652万米ドルなどと比べても、まさにケタ違いの大きさがあった。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込