【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年05月17日 4月企業動向、統括やR&Dの現地シフト活発

 東南アジアでの4月の日本企業動向は、グローバル事業の統括や研究・開発(R&D)機能の現地化の動きが目立った。
 パナソニック(6752)は、滋賀県草津市にある冷蔵庫用コンプレッサー事業の本社機能をシンガポールに移転する。同社は冷蔵庫用コンプレッサーの世界市場で、高性能インバータ機種ではトップシェア。このたびは、成長するアジア市場で顧客密着の体制として、現地完結型の経営で事業のスピードアップを図ることとした。
 三菱電機(6503)は、昇降機事業のタイ拠点で、エレベーターの試験塔を新設して開発・評価体制を強化する。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込