【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年05月30日 日系企業、テロや戒厳令でも業務継続

 テロ事件が発生したり戒厳令のしかれるインドネシアやフィリピンで、日系企業は通常通りの業務を続けているもようだ。両国では先週、過激派組織「イスラム国(IS)」が自爆テロをしかけたり、治安部隊と交戦するといった事件が発生。社会情勢が不安定化しているが、各社はこれまでに、両国への出張を自粛したり駐在員を自宅待機させるといった動きには及んでいない。ただ今後の情勢は予断を許さず、企業はさらに慎重な対応が求められる。
 週明けのジャカルタでは、オフィスビル出入口での手荷物の検査やチェックがこれまで以上に厳しくなっているようだ。企業活動に直接の影響は見られないが、「外務省の安全情報に従うかたちで安全確保したり慎重な行動を心がける」

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込