【お知らせ】
【お知らせ】当サイトは2018年1月22日に移転いたしました。現在は更新を行っておりません。
最新情報はhttps://www.asean-economy.com
よりご確認ください。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2017年11月02日 各国で新たな最低賃金固まる

 東南アジア各国で、2018年に向けた新たな最低賃金水準が固まりつつある。

 インドネシアではこのほど、ハニフ・ダキリ労働相が各州の最低賃金の上昇率を8.71%とすることを決定。同国では、これをもとに州政府や県・市がそれぞれの水準を決めて年初から適用していくことになっており、近く各地の最低賃金が明らかになる見通し。
 ジャカルタ首都特別州は2017年に335万5750ルピア(約247.4米ドル)だったことから、労働相の決定に従えば2018年は364万8035ルピアとなる。現地報道によると、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込