ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年06月15日 「安全な」野菜、栽培・流通体制の構築は進むか

 ベトナムの野菜作農業は堅調に拡大している一方で、国内では安全性が疑問視される商品が出回っている。

 農業・農村開発省によれば、2014年、耕地面積は約87.3万ha、年間生産量は1500万トン超であり、うち国内消費85%、輸出15%であった。中国からの非正規輸入が盛んであり正確な数字は把握されていないが、安全性が懸念事項となっている。国内生産品についても農家の知識不足・利益優先思考を主因とする化学薬品の過剰使用等が行われており、「安全だと断定できるのは生産量の約8%に過ぎない」という政府関係筋の話もある。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込