ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2015年09月14日 ファストフード市場、2強体制に変化は?

 商工省のデータによれば、食料消費額は年間5.1%で増加しており2016年には295億ドル(一人当たり年間300ドル)となる見込みだ。消費力の拡大が続いているベトナムでは、外食頻度について「毎日40%」、「週に一度37%」、「月に一度13%」というアンケート結果(Canvassco社,2014年)もあり、外食産業の競争も日々激化している。なかでも、市場規模1.35兆VND(2014年)、年間15~20%で成長を続けているファストフード市場の今後に注目が集まる。

 同市場は海外大手が既に進出しており、外資の独壇場となっている。2014年、店舗数トップはロッテリアの210店舗で、KFC180、ジョリビー59(フィリピン系)、ピザハット53、ドミノピザ19、バーガーキング17と続く。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込