ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2016年07月19日 靴産業、自由貿易協定を追い風にできるか

 ベトナム靴産業は、着実に成長を続けている。統計総局によると、2014年の生産量は約8.6億足で、2010年比で1.46倍の数字だ。背景として、国内消費量の増加もあるが、輸出が好調なことが大きい。2014年の輸出額は、中国に次いで世界第2位となり、2010年比で約2倍の103億ドルに達している(税関総局)。この額は、ベトナムの総輸出額の約1割であり、靴産業はベトナムにとって重要な輸出産業であることが分かる。

 近年の輸出額増を下支えしているものとして、安価な労働力を求めて、外国直接投資(FDI)が増えてきたことが挙げられる。元々、中国等で生産を行っていた企業が人件費の高騰に伴い、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込