ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年02月03日 ヤンゴンに集まる少数民族料理

 ミャンマー料理というと、一般的には油を多用したカレー風の煮込み料理や、豆や空芯菜を使った炒め物が代表的だ。これに加えて、シャンそば(シャンカウスエ)や、ミャンマー風の中華料理、例えばチャーハンや焼きそば等がよく知られるところだろうか。  しかし、民族的な多様性を反映して、ミャンマーにはまだまだ多くの少数民族系料理が存在する。国内最大の商業都市であるヤンゴンには、全国各地から様々な 出自の人々が集まってきては、それぞれの出身地で身につけた料理の店を出している。例えば、市内有数の商業地フレーダンを歩いてみても、

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込