ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年05月19日 木造僧院の保存が急務に

 古くから仏教が信仰されていたミャンマーでは、日本がそうであるように、非常に多くの仏教施設が国内各地に存在する。ただし、日本の寺とは異なり、ミャンマーでは僧侶が居住するための施設である「僧院」と、在家の信徒が信仰の対象にする「仏塔=パゴダ」とを明確に区別することが多い。「僧院」は、ミャンマー語でチャウンと言い、これは現代では「学校」の意味でも使われる。寺子屋的な村の教育機関として機能してきたことの名残なのだろう。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込