ASEAN経済通信 無料トライアル

ミャンマー語教室生徒募集中

ASEAN経済通信

メンバー専用

ユーザID

パスワード

 

ユーザID・パスワードを入力してログインしてください

2014年06月02日 事故多発に苦しむ高速道路

 ミャンマー最大の幹線道路であるヤンゴン~ネーピードー~マンダレー高速道路が、多発する交通事故に苦しみ続けている。高速道路の路線長は約590キロメートル。2005年に着工され、2010年に全線開通した。それ以降の4年間、道路上での交通事故が頻発している。2013年中には259件の事故が発生し、113人が死亡、625人が負傷した。今年に入ってからも事故件数は増加する一方で、1月からの4カ月間だけで167件の事故、66人が死亡、300人以上が負傷しているという。このような状況を受けて、高速道路はいつしか不名誉な呼び名を与えられてしまった。

 

これより先をお読みになるには、ASEAN経済通信購読者アカウントが必要です。
購読者アカウントをお持ちの方は、こちらよりログインしてください。

試し読みを希望される方はこちらよりお申し込み下さい。

ASEAN経済通信 無料トライアル

購読のお申込(有料)は以下から行えます

ASEAN経済通信 ご利用申込